マタニティエステの注意点

妊娠中にはいろいろな制約があり、やってはいけないことが多いため、ママのストレスも溜まりやすいといわれています。そんなプレママたちの間で話題になっているのが、マタニティエステティックです。
施術を受ける際には、もちろん妊娠中の女性の体のことを熟知しているエステティシャンであるかどうかなど、信頼のおけるサロンを利用するのが重要であるといえますが、ご自身でもよく注意点を把握しておくことで、より安心して施術を受けることができます。
たとえばマッサージを行う場合は、一般的なマッサージとは違い、極力ソフトに行うこと。そして軽い圧力でも絶対にNGの部位があるので、そのあたりは事前に確認しておきましょう。一部の例をあげてみると、仙骨や恥骨上のマッサージ、かかとの強いマッサージは基本的にNG。また人によってはふくらはぎにあまり強い圧力をかけると良くない場合がありますので、あらかじめ医師にマッサージを受けることについて判断を仰いでおくこともたいせつといえます。
最近では妊娠中のエステを手掛けているサロンも多いので、そういうサロンであればエステティシャンも専門知識をつけているはずですが、念のため注意はしていくといいでしょう。

アクネスラボで大人ニキビケアしましょう

コメントを残す