肌のバリア・保湿力を乱す異常角化を防ぐ

PR|エステサロンでアンチエイジング|

皮膚は常に新陳代謝されていて、肌のターンオーバーは28日周期で通常行われています。ところが何らかの原因によってこのサイクルが早まったり遅れたりすることがあります。肌は基底層で産まれ、角化し、やがて剥がれ落ちていきますが、肌のターンオーバーはまさに角化の過程なので、この過程が本来の28日周期から乱れることは、異常角化と言われます。この肌のターンオーバーの乱れは通常と比べ早くなっても遅くなっても、肌の保湿力を低下させてしまいます。

肌のターンオーバーが早まると、新陳代謝が活発になって良いように思えますが、細胞の核がなくなってから角化していくところを、まだ核をもったままの未完成な角質細胞ができてきます。細胞が未完成ですので保湿力についても未完成といえ、角質バリア機能も未熟なままで肌が乾燥しやすくなってしまいます。皮膚のトラブルを解決するために肌のターンオーバーを促しケアする医薬品もありますが、過量使用するとかえって肌のターンオーバーを乱すことがあります。肌のこすりすぎ等も原因となり注意が必要です。

逆に肌のターンオーバーが遅れていても問題で、肌部分的に皮膚が硬くなったり、キメが粗くなってしまったりします。この場合は、古い角質を取るためにしっかり洗顔したりパックしたりすることがお奨めです。