人前で楽器演奏するのはいつだってドキドキ

私はバンド活動を長年やっています。担当楽器は主にベースですが、ギターを弾いたり、ドラムを叩いたりもします。

長い間バンドをやっていると、お客さんや初めてライブをする人から「もう慣れたもんですね。」と言葉をかけていただくのですが、とんでもございません。人前に出て楽器演奏するのは未だに緊張しています。

ただ、ステージに上がってからは平気になりました。初めての頃はステージに上がる前より、ステージ上で緊張していたのですが、今はステージに上がる前は緊張するのですが、ステージに上がったらもうどうでも良いと言う感じです。

コレはやはり経験がそうさせたものだと思っています。どれだけ練習をしてもステージの上ではミスをする事はあります。そのミスが怖くなくなるのです。最初の頃は一回のミスを悔いてしまいがちですが、何度もライブをやっていると「ミスは構わない。そんな事よりステージを楽しもう。」と言った余裕が産まれてくるからです。

それでも、やはり心の中では一回のミスもないようにと必死に練習していますから、ステージ前は緊張するのでしょう。

人前で楽器演奏をする以上は、いつまで経っても緊張からは逃れられません。ですが、それは心地よい緊張なのです。