働き始めてわかった調理師免許の影響

飲食業でバイトをしたり、鮮魚で働いたりするとよく聞くのが、調理師の免許を持っていない人が多いということです。板前さんであっても免許を持っていない人が多いです。

しかし、お店で免許を一人でも持っていると大きな力になることはまちがいありません。

飲食関係の商売をするのなら調理師の免許をお店に提示するだけで安全なお店と感じてしまいます。

調理師の免許の取得には大きく見て2つの方法があり、1つは学校に通って取得する方法と、実地経験2年以上あることが前提となり受験資格を与えられて、国家試験に臨むという方法です。

学校に行かず働いてからとなると自分で勉強をしなければいけなくてかなり大変です。

国家試験ということもありかなりの受験者が合格できません。
現在でも60%と言われています。受験者が老若男女ということもあり、受験内容的には暗記物ということもありますが、覚えることが多いです。

学科も専門的な内容が多く、少し苦労しなければいけないような化学や栄養学用語がたくさんあります。

このようなことから考えると、専門学校的なところに1年間通う方が確実です。
苦労して取った調理師免許ですが、実際は最初に書いたようにすべての調理人が持っているわけではなく、また必要ではないので一つの証明書的なものと考えていた方がよい免許です。

就職には役立ちます。

PR|リンパマッサージ教室で資格を取る|